このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから
東京空港警察署

交通対策

更新日:2020年1月31日

東京空港警察署管内の道路

東京空港警察署管内には大きく分けて4つの道路と4つのトンネルがあります。

道路

  • 国道357号線
  • 環状八号線(空港外周道路)
  • 空港構内道路(各ターミナル周辺道路、空港アクセス道路)
  • 首都高速道路

トンネル

  • 空港北トンネル(国道357号線)
  • 空港南トンネル(国道357号線)
  • 羽田空港トンネル(国道357号線)
  • 空港アクセストンネル(空港アクセス道路)

羽田空港内の道路の特徴

ほぼ全域が一方通行で、駐車禁止です。
最高速度は、40キロメートル、50キロメートル60キロメートルの区間があります。

空港内の交通事故発生状況

立体駐車場内や駐車中の車両に追突する物件事故が多く発生しています。
駐車場内では、駐車場所を探すことに夢中にならず、他の車両や歩行者の動きにも十分注意するようお願いします。
また、車両を発進させる際は、必ず前後左右の安全確認を徹底し、交通事故防止に努めてください。

交通事故防止のために

時間と心にゆとりを持って

「あせりの心」は交通事故の原因となります。ゆとりを持って運転してください。
初めて来る方は道に迷いやすいので、あらかじめ地図等で確認をお願いします。

スピードは控えめに

空港内の道路は、カーブや分岐点が多く、ターミナルビル前は人や車の流れが集中しています。
トンネル内をはじめ直線道路では制限速度内での走行をお願いします。

信号の見落としに注意

空港内の道路を初めて運転される方は案内標識や目的の建物に目が向いてしまいます。
信号の見落としは、重大事故につながりますので、安全な場所に車を止めて目的場所を確認するなど十分に注意してください。
また、同乗者もドライバーと一緒になって安全確認をお願いします。

公共交通機関利用のお願い

  • 羽田空港は、土曜、日曜、祝日のほか、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み時期には多くの方が来場します。
  • 国内線地区及び国際線地区にそれぞれ立体駐車場がありますが、行楽期には早い時間から駐車場が満車となり、周辺道路も混雑しますので、出来る限り公共交通機関のご利用をお願いします。

空港内は全域駐車禁止です

自転車を利用する方へ

国内線、国際線ターミナルビルの前の歩道は自転車に乗車して通行することは出来ません。
また、空港アクセストンネルと国道357号線、空港北トンネルは自転車及び歩行者の通行そのものが禁止されています。
自転車を利用する方は、道路標識を確認して通行してください。

警備の際の交通規制にご協力を

外国要人の来日、離日等の際には交通規制が行われます。
不審者や不信物を発見するために、検問で行き先をおたずねしたり、持ち物や車のトランクの中等を見せていただくことがありますので御協力をお願いします。

情報発信元

東京空港警察署
電話:03-5757-0110(署代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る