このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから
代々木警察署

特殊詐欺について

更新日:2022年4月12日

代々木警察署管内の特殊詐欺の認知状況

令和3年の代々木警察署の特殊詐欺被害認知件数は44件です。

令和3年特殊詐欺被害件数(手口別)

詐欺の種類

被害件数

オレオレ詐欺 10件
預貯金詐欺

5件

架空料金請求詐欺

3件

還付金詐欺 21件
キャッシュカード詐欺盗

5件

44件

令和3年は、区役所をかたってATMに誘導し、お金を振り込ませようとする還付詐欺が約半数を占めました。

令和3年特殊詐欺被害件数(月別・手口別)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
オレオレ詐欺 1   1     1 1 1 2 3     10
預貯金詐欺   1 1 1     2           5
架空料金請求詐欺     1     1   1         3
還付金詐欺 2   3 5 5 2   2 1     1 21
キャッシュカード詐欺盗     2 2       1         5
合計 3 1 8 8 5 4 3 5 3 3 0 1 44

令和3年特殊詐欺被害件数(住所別・手口別)

  本町 初台 幡ヶ谷 笹塚 西原 富ヶ谷 元代々木町 代々木 上原 大山町 合計
オレオレ詐欺 2 1 1 3 1 1     1   10
預貯金詐欺 1 1   1 1 1         5
架空料金請求詐欺 1 1       1         3
還付金詐欺 3     1 5 4   5 3   21
キャッシュカード詐欺盗 1 1 1 1       1     5
合計 8 4 2 6 7 7 0 6 4 0 44

特殊詐欺の被害にあわない(被害から家族を守る)ために

  1. 自宅の電話を留守番電話設定にしてください。自動通話録音機、迷惑防止機能付き電話等も活用しましょう。
  2. ナンバーディスプレイ契約(だれから電話がかかってきたか、液晶パネル表示する機能)をしましょう。
  3. 「何かおかしい」「あやしい」と思ったら、会話の途中でも電話を切りましょう。
  4. 相手が名乗ったとしても、その会社(警察、区役所等)の代表電話番号を調べて、こちらからかけなおしましょう。
  5. 行動をおこす前に、家族やお知り合い、代々木警察署にまず相談してください。

「自動通話録音機」の貸し出しについて

 渋谷区では、区内にお住まいの65歳以上の方を対象に、「自動通話録音機」の貸し出しを無料で行っています。
 自動通話録音機を固定電話に取り付けると電話をかけてきた相手に対して、警告メッセージを流し、実際に通話内容を録音することが出来ます。
 本機を取り付けた方からは「不審な電話が減った」等の声を頂いています。
 取付けをご検討の方は、お気軽に代々木警察署までご連絡ください(数に限りがあります)。

特殊詐欺の被害に遭わないよう、防犯対策をしましょう。

 アポ電がかかってきたら、代々木警察署に情報提供をお願いします!
 携帯電話をかけながら付近をうろついている不審者等を見かけたら110番通報をお願いします。

情報発信元

代々木警察署
電話:03-3375-0110(署代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る