先輩の声

警察署・事務
(会計)

手掛かりとなる特徴から
落とし主を探し出し
大切な物を返還する。

北沢警察署
会計係
主事

令和2年
(2020年)
入庁 北沢警察署へ卒業配置
警務係を経て現職

入庁の経緯と現在の仕事

両親から勧められたのがきっかけで警察行政職員の存在を知りました。調べてみると、警察官と共に人のために働くことのできるやりがいのある仕事であることを知り、地元である東京の安全・安心を守る警視庁を志望しました。会計係は、警察署の予算執行、設備・備品の管理、車庫証明などの警察手数料の徴収業務などを行っています。私は、警察署や交番に届けられる落とし物を調査し、落とし主に返還する遺失物業務を担当しています。



担当業務のやりがい

北沢警察署には月に1,500件もの拾得物が届けられます。財布、携帯電話、定期券、鍵など、拾得物は落とし主にとって大切な物ばかりです。落とした時間や場所のほか、手掛かりとなる特徴などを見つけ出し、遺失届のデータと照合して一刻も早く落とし主に返還します。返還できたときの落とし主の安心する姿や笑顔を見られたときは、「この仕事を選んでよかった」と実感します。日本は落とし物をしても戻ってくる国として有名です。それは同時に治安の良い国の尺度でもあります。そんな日本の中心である首都・東京を守る警視庁の一員であることに誇りと責任を感じています。

仕事をする上で
大切にしていること

窓口や電話での対応には特に気をつけています。落とし物をして困っている相手の気持ちに寄り添い、一人ひとりに丁寧で誠実に対応することを心掛けています。また、お金や個人情報などを慎重に扱うことはもちろんのこと、落とし主と拾得者との間で権利関係が発生しますので、決して誤りのないよう対応しなければなりません。先輩方の対応の仕方を吸収し、アドバイスを参考にしながら自らの知識と経験を積んでいくことを大切にしています。

これからの目標

知識が豊富で、どのような業務の質問にも答えられる人、誰に対しても誠実に対応する人、周囲に細かい気配りができる人など、私の周りには様々な尊敬できる人がいます。そのようなすばらしい上司や先輩方に近づけるよう、知識を増やして積極的に行動し、様々な経験を通して成長したいと考えています。また、今後は物品管理や予算執行などの業務を通して、警察官と共に都民の安全・安心を守っていきたいです。

TIME TABLE
ある1日のスケジュール

6:00
起床、朝食
8:30
出勤
9:00
拾得物・遺失届データの調査、
窓口・電話対応
11:00
大型施設などの拾得物受入れ
12:00
休憩
13:00
拾得物・遺失届データの調査、
窓口・電話対応
16:00
交番からの拾得物の引継ぎ
17:15
退庁
19:00
帰宅、夕食
23:00
就寝