先輩の声

本部・事務

物品の調達や管理を徹底し
警察活動を円滑に進める。

企画課
庶務係
主事

平成31年
(2019年)
入庁 志村警察署へ卒業配置 会計厚生係
令和3年
(2021年)
企画課へ配置換え 現職

入庁の経緯と現在の仕事

大学3年生の頃、就職説明会で警視庁警察行政職員の仕事を知りました。さらに、当時取り組んでいたボランティア活動で出会った警察官の方から、「警察職務を遂行するため、警察行政職員の存在はとても重要だ」という話を聞くことができ、警察行政職員の立場から首都の治安維持に貢献したいと考えて志望しました。現在は、企画課の庶務係で、警察活動で使用する文具などの物品の調達や定期刊行物の配付事務、職員の制服交換の手続などを担当しています。課内で使われる物品関連の仕事が多いですが、警視庁旗の貸出など所属を越えた業務にも携わっています。



担当業務のやりがい

警察職員の制服や装備品の管理に携わっているため、自分の業務が警察活動に直結していると感じられるのがやりがいです。装備品には警棒や手錠などもあり、慎重に扱わなければならない責任も感じています。また、部署内で必要になりそうな物品はあらかじめ調達し、準備しておくことも大切です。職員から要望があったときにすぐに対応できたことで「準備してくれていてありがとう」と感謝され、警察活動を円滑に進められたときに充実感を得ることができます。

仕事をする上で
大切にしていること

警視庁は大きな組織で、業務上取り扱う物品は多数あります。在庫の不足や故障の有無、適正な使用状況といった確認を怠ることなく、有事にも備えて管理しなければなりません。近年では「感染症予防のための消毒液などは足りているだろうか?」というように、その時々の社会情勢に応じた行動も必要です。日頃から心掛けていることは、「笑顔」「感謝」「相手を思いやる心」の3つ。これは警察職員として働くとき以外にも、例えばボランティア活動など様々な局面で役立つことだと感じています。

これからの目標

入庁して3年目。部署内ではまだまだ若手ですが、所属の物品、制服や装備品に関わる業務に従事し、担当部署と連絡を取り合うことや、調達や制服の交換、請求などができるようになってきました。今後も経験をしっかりと積み、物品の購入契約などこれまで担当したことがない業務にも積極的にチャレンジしていきたいと考えています。

TIME TABLE
ある1日のスケジュール

6:00
起床、朝食
8:30
出勤、消耗品補充確認
10:30
書類確認
12:00
休憩
13:00
定期刊行物の配付
14:30
書類確認
17:15
退庁
19:00
帰宅
20:00
夕食
23:00
就寝