このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

電動アシスト自転車のバッテリー盗難に注意

更新日:2021年11月19日

電動アシスト自転車のバッテリー盗難が増加

平成28年から令和3年10月末までに、都内において警視庁が認知したバッテリー盗難事案は910件でした。
本年は10月末現在で266件認知しており、年間に換算すると300件を超える勢いで増加しています。

図1 年別発生状況


生活安全総務課手集計による

施錠状況と被害場所との関係

「鍵を付けっ放し」にしたまま駐輪していたところ被害にあった事例が特に多いです。その中でも、一戸建て住宅の敷地内での被害が顕著です。
また、中高層住宅(4階建て以上)では、施錠をしていても被害にあう事例が多くなっています。

図2 被害場所別被害状況

被害場所別被害状況
生活安全総務課手集計による

被害防止対策は?

確実なロックを!

カギを付けっ放しにしたまま駐輪中に被害にあうことが多いので、確実に施錠しましょう。

二重ロックで被害防止を!

施錠していても工具等を使ってバッテリーを外されることがありますので、ワイヤー錠で二重ロックしましょう。バッテリーをロックしたままでも運転の妨げにならないワイヤー錠などがありますので、是非ご活用ください!

帰宅時はできる限り屋内で保管を!

自宅の敷地内に駐輪したときでも安心はできません。帰宅した際は、バッテリーをできる限り屋内に持ち帰りましょう。

情報発信元

警視庁 生活安全総務課 犯罪情勢分析係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る