このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

猟銃・空気銃・クロスボウ所持許可の流れ

更新日:2022年3月15日

猟銃・空気銃を初めて所持する場合

  1. 猟銃等講習会(初心者講習)
  2. 教習資格認定申請(注記)
  3. 射撃教習(注記)
  4. 銃砲所持許可申請
  5. 所持許可証交付
  6. 銃砲所持・確認

(注記)空気銃の場合、教習射撃は不要となります。

許可の流れ画像

現在クロスボウを所持していない方が、クロスボウを初めて所持する場合

  1. クロスボウ講習会(初心者講習)
  2. クロスボウ所持許可申請
  3. 所持許可証交付
  4. クロスボウ所持・確認

クロスボウを初めて所持する場合

令和4年3月15日より前からクロスボウを所持している方(特定クロスボウ所持者の方)が、そのクロスボウの所持許可を受ける場合

  1. クロスボウ所持許可申請(来署の際に、所持しているクロスボウを持参してください。)
  2. 所持許可証交付
  3. クロスボウ確認
  4. クロスボウ講習会(初心者講習)

許可の日から6か月以内に講習を修了しないと、許可取消しとなります。

特定クロスボウ所持者の方

情報発信元

警視庁 生活環境課 銃砲刀剣類対策係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る