このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

狙われてます!あなたのスマホ 「百獣の王」武井壮のネット詐欺被害の防ぎ方!!

更新日:2022年6月23日

DXの推進や3Gサービスの終了などにより、新たにスマートフォンを使い始めた方も多いのではないでしょうか。
スマートフォン一つで、電話やメール、インターネットや買い物まで、何でもできますが、便利さの裏には様々な「詐欺」も潜んでいます。
被害に遭わないためには、その手口を知ることが大切です。
ここでは、スマートフォン利用者を狙った「詐欺」の手口を紹介します。

主な手口と対策

ニセ宅配詐欺

宅配便の不在通知を装ったSMS(ショートメッセージ)を送信してニセサイトに誘導し、ウイルスに感染させたり、ID・パスワード等の個人情報を入力させて詐取する手口。

対策

  • ショートメッセージに記載されたURLはタップしない。
  • ショートメッセージから個人情報を入力しない。
  • 宅配業者のホームページ等で、不在通知のサービスについて確認する。

ニセショップ詐欺

実在する大手ネットショップを装って、「お客様のアカウントは停止しました」や「お支払い方法に問題があります」などのメールを送信してニセサイトに誘導し、クレジットカード番号等を入力させて詐取する手口。

対策

  • ネットショップのサイトには「お気に入り」(ブックマーク)や公式アプリからアクセスする。
  • クレジットカード情報の入力は、正規のサイトであることを確認した上で、慎重に行う。

ニセ警告詐欺

ニセのウイルス警告などで脅して、有料のサポート契約やアプリを購入させる手口。

対策

  • 普段から使用しているセキュリティソフトによる警告ではない場合、警告は無視して画面を閉じるか再起動する。
  • 警告画面に表示されたサポートの電話番号やメールアドレスには連絡しない。
  • 電子マネーカードの購入を要求されても応じない。

ニセアプリ詐欺

不正なアプリをインストールさせて「連絡先」等の個人情報を盗む手口。

対策

  • インストール時に、アプリの機能に対してアクセス権限が適切か確認する。
  • ウイルス対策ソフトを導入する。

ニセ銀行詐欺

SMS(ショートメッセージ)でニセの銀行サイトに誘導し、ログイン情報やワンタイムパスワードを入力させて、不正送金させる手口。

対策

  • ショートメッセージに記載されたURLはタップしない。
  • ショートメッセージから個人情報を入力しない。
  • 公式アプリを利用する。

被害に遭う前に誰かに相談を

スマートフォンを使っているときに、画面の表示や届いたメッセージに不安を感じたら、アドレスをタップする前に、情報を入力する前に、警察や身近なひとに相談しましょう。

狙われてます!あなたのスマホ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

警視庁 サイバーセキュリティ対策本部 対策担当
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る