このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

第一機動隊

更新日:2021年12月29日

隊章

近衛の一機

昭和8年に発隊、昭和32年に旧陸軍の近衛師団が置かれていた現在の千代田区北の丸公園内に移転したことから、一機のニックネームが「近衛の一機」「旗本の一機」となりました。
シンボルマークの由来は、第一機動隊の「1」、機動隊の「桜」、そして「10個隊を表す10枚の翼」の3つを組み合わせ、「鵬」としてデザイン化したもので、たくましい足は「悪に対峙する不動の姿勢」を意味しています。

警備訓練

令和3年6月22日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会警備に向けた警視総監査閲が行われ、第一機動隊は暴徒制圧を想定した実践的警備訓練を実施しました。
新型コロナウィルスが世界的に流行し、大会が約1年間延期になり、開催することさえ危ぶまれた中でも隊員一人一人が歴史に残る大警備を成功させようという強い気持ちで訓練に臨みました。

東京2020大会警備

令和3年7月23日、東京2020オリンピック競技大会の開会式が異例の無観客で行われ、第一機動隊はオリンピックスタジアム周辺の警備に従事しました。
スタジアム周辺は、多くの人で溢れていましたが、隊員一人一人が大会の安全を守るという強い気持ちを持ち、日々の訓練の成果を発揮した結果、無事に開会式を終えることが出来ました。

全国戦没者追悼式

毎年8月15日には日本武道館で全国戦没者追悼式が行われ、天皇皇后両陛下の御臨席、御遺族、各界代表のご列席を得て、先の大戦でお亡くなりになられた方々に祈りを捧げます。
第一機動隊は毎年、本警備に従事し、天皇皇后両陛下の御身辺の安全を守り、式典が平穏に行われるように、警備の万全に努めています。

警視庁卓球クラブ

第一機動隊に本拠を置く警視庁卓球クラブは、インターハイ出場経験を有する選手など、男女10名が所属しています。
昨年から新型コロナウイルス感染拡大防止のため全体での練習は自粛していますが、個人で行える素振りやトレーニング等の練習に取り組み、体力・技量の維持に努めてきました。
選手一同、来年度の全国大会出場を目標に日々練習に励んでいます。

警視庁ハンドボール部

第一機動隊に本拠を置く警視庁ハンドボール部は、学生時代に全国大会出場、全国制覇の経験を有する隊員をはじめ、総勢24名が選手として所属しています。
現在は、東京都社会人ハンドボールリーグを主戦場とし、平成28年度から3連覇を達成し、創部から初の偉業を成し遂げました。
昨年、一昨年はリーグ戦が中止となっていますが、東京都社会人ハンドボールリーグ4連覇、ジャパンオープントーナメント大会(全国大会)上位入賞を目標とし、日々練習に励んでいます。

情報発信元

警視庁 警備第一課 管理第一係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る