地方出身の先輩たちが語る

全国から集う、
同じ志を持つ仲間たち。

首都・東京を守る警視庁の職員は、
首都圏出身の人たちだけではありません。
地方出身の職員も数多く在籍しています。
全国から集まる先輩たちに、様々な思いを聞いてみました。

なぜ警視庁を
選びましたか?

多種多様な部署があり将来の選択肢が多く福利厚生が充実している。

地元県警察からも合格をいただきましたが、日本の首都・東京を守るやりがいを感じて警視庁に入庁しました。また、警視庁には様々な職種があることから将来の選択肢も多く、福利厚生や給与面が充実していたことも理由です。

埼玉県出身

女性が必要とされていて実際に活躍できる組織。

地元県警察と迷っていた時、警視庁の女性警察官が生き生きと仕事の話をされていたのが強く印象に残り警視庁を選びました。若い女性が被害者となった事件では、刑事としてすぐに初動捜査に取りかかったことで被害者から感謝されたこともありました。

千葉県出身

東京での
暮らしに
不安はありましたか?

同期と共に過ごした6か月の警察学校で自然と不安を払拭。

初めて親元を離れ慣れない地での生活に、当初は心細さを感じていましたが、警察学校で出会った同教場の同期と固い絆で結ばれ、まるで家族のような関係になったことでいつの間にか不安が払拭されていました。

愛知県出身

複雑な交通網も利用しているうちにすぐに慣れてくる。

東京は電車を利用する機会が多いと聞いていたので路線の多さから乗り換えが不安でしたが、仕事やプライベートでよく使用する路線から覚えていくことで、今ではスムーズに乗り換えもできるようになりました。

福岡県出身

入庁前に
イメージしていたのと
異なっていたことは
何ですか?

想像以上に業務が多岐にわたり多くの業務の経験が身につく。

卒業配置した直後から担当業務が割り振られましたが、上司や先輩の丁寧なサポートがあったので安心して仕事ができました。また、想像していたより警察行政職員の業務は多岐にわたり、数年ごとに異なる業務に携わることができました。

埼玉県出身

一人前の警察官になるまで一から丁寧に指導してくれる。

入庁するまで「警察官の仕事は見て覚えろ」ということを想像していましたが、指導係の先輩がとても丁寧に指導してくれました。また、休みに関しても夏季休暇などを計画的に取得でき、同期や友人との旅行の計画などもしやすいです。

神奈川県出身

警視庁の仕事は
どのような刺激や
成長を
もたらしますか?

国内最大の警察組織の一員として第一線で事件や事故を未然に防げる。

国際会議や歴史的行事の開催にあたり、第一線で起こりうる事件や事故の未然防止に尽力できることが刺激となっています。また、警視庁は他道府県警察よりも圧倒的に組織の規模が大きいことから、より専門に特化した職種に就いて様々な角度から都民・国民のために貢献することができます。

福岡県出身

若手からベテランに至るまで常に成長をし続けられる環境。

大都会の有名な都心部での勤務だけでなく、山間部や島しょ部での勤務など、地域によって取り扱う内容も様々です。その時間、場所、対象に応じた仕事は自らを成長させてくれます。また、白バイ隊員としては東京マラソンなどの先導役を務めることができるのも警視庁ならではです。

愛知県出身

  1. 採用サイトTOP
  2. 先輩の声
  3. 地方出身の先輩たちが語る 全国から集う、同じ志を持つ仲間たち