職種紹介

生活安全警察

都民が安心して暮らせる
街づくりを推進する。

生活安全警察では、都民が安全に安心して暮らすことができる社会を実現するために、都民の身近で発生し、生活に直接影響を及ぼす犯罪の取締りのほか、地域住民が犯罪の被害に遭わないための各種防犯活動や、生活の中で抱える様々な問題に対処するための相談受理などを行っています。

生活安全警察の仕事

防犯

特殊詐欺、侵入窃盗、性犯罪などの各種犯罪から、子供、女性や高齢者をはじめとする地域住民の安全・安心を守るため、自治体、学校、関係団体・企業等と連携して、様々な防犯活動を行っています。また、電子メールや防犯アプリを活用して、犯罪発生状況などの情報を発信しています。

生活安全相談

ストーカー被害、配偶者からの暴力、児童虐待といった人身の安全に関わる相談をはじめ、「近隣住民と騒音トラブルになっている」や「怪しいメールが届いた」といった生活に密着する様々な相談を受理し、事件として捜査をしたり、関係機関への引継ぎや助言を行ったりすることにより解決に導いています。

保安

違法営業を行う風俗店の指導・取締りのほか、ゴミの不法投棄などの環境事犯、インターネットを利用した不正アクセス事犯、賭博事犯、ヤミ金融事犯など、多岐にわたる捜査活動を行っています。

少年

少年が関与する犯罪の早期解決のほか、児童買春など少年を被害者とする犯罪の取締りを行っています。また、非行少年の立ち直り支援、少年を取り巻く有害環境の浄化活動、街頭での補導活動など、少年の健全育成に資する活動にも力を入れています。

生活安全警察組織図

  1. 採用サイトTOP
  2. 職種紹介
  3. 警察官 生活安全警察