このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和4年3月号

更新日:2022年6月23日

「けいしちょう写真ニュース」は、警視庁本部や警察署が取り組んだ主要行事等をポスター形式の写真で紹介するもので、警察署の掲示板等に掲出しています。

あさま山荘事件から50年

あさま山荘事件から50年の様子

2月15日(火曜)、昭和47年2月19日に発生した「あさま山荘事件」から50年となるのを前に、高山祐輔警備第一課長(「高山」の「高」は「はしごだか」)が、現場近くの顕彰碑「治安の礎」に献花し、殉職した警察官2名の冥福を祈りました。
事件では、山荘に立て篭もった連合赤軍メンバーによる銃撃で、当時の第二機動隊長内田尚孝警視、特科車両隊の高見繁光警部が殉職し、民間人1名が死亡しました。

「STOP!詐欺」広報啓発動画

「STOP!詐欺」広報啓発動画の様子

2月10日(木曜)、犯罪抑止対策本部は、特殊詐欺被害防止を図るため、「STOP!詐欺」広報大使である歌舞伎役者の市川猿之助さんによる広報啓発動画「家族を詐欺から守るために」を作成しました。
動画では、東京未来大学教授の出口保行さんと特殊詐欺の被害状況や騙しの手口と対処法についてのトークセッションにより、分かりやすく被害防止を呼びかけています。

広域緊急援助隊合同訓練

広域緊急援助隊合同訓練の様子

2月21日(月曜)と2月22日(火曜)の2日間、災害対策課は、立川市内の訓練施設において、警視庁広域緊急援助隊合同訓練を行いました。
特殊救助隊や機動隊などから約100名が参加し、浸水や土砂崩れ現場、倒壊建物からの救助訓練、緊急輸送訓練などにより、大規模災害への対応力向上を図りました。

突発事案合同対処訓練

突発事案合同対処訓練の様子

2月18日(金曜)、浅草警察署ほか関係所属は、台東区内において、大規模スポーツイベント開催時の突発事案対処訓練を行いました。
訓練は、イベントコース上に拳銃を所持した被疑者が車両で侵入し、参加者を人質に取ったという想定で、銃器対策部隊による被疑者の制圧や警備犬が爆発物を探知し爆発物処理班が処理する訓練を行い、対処能力向上を図りました。

若者を犯罪者集団から守るための協定締結

若者を犯罪者集団から守るための協定締結の様子

2月7日(月曜)、組織犯罪対策第三課は、若者が暴力団等反社会的勢力の犯罪から身を守り、暴力団等への加入阻止を目的とした教育を推進するため、東京三弁護士会(東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会)と連携協定を締結し、協定書調印式を行いました。

官民共同サイバー攻撃対策技術訓練

官民共同サイバー攻撃対策技術訓練の様子

2月14日(月曜)から2月28日(月曜)までの間、サイバー攻撃対策センターは、重要インフラ事業者及び先端技術保有事業者等を対象に、サイバー攻撃を想定した対応訓練をオンライン形式で行いました。
訓練では、事業者が標的型メール攻撃により不正プログラムに感染する事案を想定して、基本的な対処方法や情報共有などの手順を確認し、被害防止と対処能力向上を図りました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

警視庁 広報課 広報企画
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで


以下フッターです。

警視庁

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2丁目1番1号 電話:03-3581-4321(代表)
Copyright © Metropolitan Police Department. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る